【PMS】女性には知っててほしい!生理と上手く付き合う方法【月経前症候群】

にちじょう

【PMS】女性には知っててほしい!生理と上手く付き合う方法【月経前症候群】


 

 

 

生理といえば女性に生まれたなら

避けられないものですよね。

 

妊娠するのには大事な月の催物。

 

 

けどすぐに妊娠の予定も無いのに

平均的には28日周期で来る生理が

煩わしい人も多いハズ。

 

 

今日はそんな生理について

  • 生理痛を少しでも和らげる方法
  • 月経周期を利用したダイエット
  • 多い人でも安心!コスパのいいナプキン

 

についてお話していきたいと思います。

 

 

生理痛を少しでも和らげる方法

 

生理の時1番つらいのは

眠気、吐き気よりも下腹部の痛みですよね。

 

生理痛の痛みといっても人によって種類が違います。

 

私は割と重い方です。

 

と、いうのも生理痛が本当に重い人は

痛みにより失神したり

救急車で運ばれるレベルなので

私は痛みによって失神したことも

生理痛が原因で救急車で運ばれたこともないので

「割と」重い方でしょう。

 

けどその「割と重い」人でも

男性の痛みで例えるなら

睾丸を男性の握力で思い切り握りつぶされているような痛みと言われているので

割と重いからと言って日常生活を送るのに支障をきたしたり

病院にかかるレベルなら充分重い生理痛と言えるでしょう。

 

1番オススメの方法はピルの服用ですが

体の発達しきっていない未成年者、

35歳以上の人、

異形成の出来ている人等

ピルを服用できない人もいるかと思います。

 

そんな人にオススメなのは

「食生活の改善」です。

 

実は食生活が生理痛やPMSに深く関わっているのです。

 

オススメなのは大豆製品根菜です。

 

大豆製品はイソフラボンが 女性ホルモン と似た成分なので

摂取することでホルモンバランスが整い

痛みを和らげる事ができます。

 

また、根菜は体を温める作用があるので

カイロ等で外側を温める、温かい飲み物で体の内側を温めるだけでなく

根菜で「体の芯から温める」と生理痛の予防や緩和が期待できると思います。

 

 

月経周期を利用したダイエット

 

生理前や生理中、どうしても食欲が増してしまいますよね。

 

また、生理中は体が水分を溜め込もうとするので

気をつけているのに体重が増えたり

浮腫んでしまうのは仕方の無いこと。

 

なので生理前や生理中に 無理にダイエットをする必要はありません。

むしろダイエットしても体が溜め込もうとするので

食事の量を減らした所で痩せにくいです。

 

しかし、生理が終わって1週間の期間は

脂肪を燃焼しやすいので

ダイエットするのならこの期間を利用すると

痩せやすいです。

 

また、先程紹介した大豆製品ですが

生理1週間前から飲み始めると

生理が終わった後に体重が落ちやすくなるので

生理前に豆乳を飲む のをオススメします。

 

けど豆乳は人によって味が苦手だったり…

なので紅茶豆乳、バナナ豆乳等の甘い豆乳は飲みやすく

また、生理前の「甘いものが食べたい」という欲求も満たせるので

オススメです。

 

 

多い人でも安心!コスパのいいナプキン

 

毎月の月経、ナプキンにかかる費用は 月平均2000円程度と言いますが

量が多い人は昼でも夜用を利用したり

夜はオムツタイプのナプキンを使用するのでその分

ナプキン1枚あたりの単価が上がってしまいますよね。

 

そんな時オススメなのが 介護用のオムツ なんです。

 

夜用のオムツタイプのナプキンが 1枚300円程度 なのに

介護用のオムツは 1枚100円程度

 

吸水性が心配かと思いますが

介護用のオムツはどれも4回程度の排尿なら吸収してくれるよう作られてるので

吸水性にも問題ありません。

 

あとはプライドの問題だけですね。

 

プライド的に抵抗がないのでしたら

是非 介護用のオムツ を使ってみてください。

 

 

まとめ

 

以上が

  • 生理痛を少しでも和らげる方法
  • 月経周期を利用したダイエット
  • 多い人でも安心!コスパのいいナプキン

でした。

 

毎月の月経は避けられないし

月経によって起こる困難を全て 回避することは出来ません

少しでも和らげる方法はある ので

是非試してみてください。