【夢日記】もう趣味がないなんて言わせない!毎日の習慣の睡眠を趣味にする方法をご紹介!

にちじょう

【夢日記】もう趣味がないなんて言わせない!毎日の習慣の睡眠を趣味にする方法をご紹介!


 

 

 

こんにちは、ライターのあゆごろうです・ω・

 

 

睡眠 といえば人が生きていく上で

しなくてはいけないことですね。

 

けど趣味の基準ってそもそも曖昧だし

読書やテレビ等の日常の中の娯楽を趣味といってる人もいるけど

はたしてそれは趣味と言うのか。

 

等と考えてしまうかも知れませんが

そもそも 趣味の基準なんて曖昧なもの なので

食事等の人々が生きていく上でしなくてはいけないことを

趣味と言い張っている人もいるので

睡眠が趣味 と言ってしまってもいいんです。

 

 

睡眠を趣味にするには

 

成人の平均睡眠時間は 約6時間程度 だと思います。

 

基準はその人によって違えど

睡眠時間を削ってまで時間を費やしてしまうことを

趣味という人も多いのでは?

 

なので1日に6時間以上寝ている人、

また仕事が終わって

「家に帰って寝るだけ」

の人も充分 趣味が睡眠 と言えるでしょう。

 

 

趣味が睡眠である事を人に説明するには?

夢日記を書いてみる

 

夢日記を書く と趣味が睡眠と充分に言えるでしょう。

 

夢というのはだいたい眠りの浅い時(レム睡眠時)に見るもの なので

睡眠が趣味で長時間睡眠を取る人は

夢を見る人も多いでしょう。

 

なのでレム睡眠時に見た夢を文字に書き起こして

夢日記 をつけてみるのも面白いかもしれません。

 

 

夢日記をつける際の注意点

 

夢日記をつける時は「大まかに」書くのがいいです。

あまり詳しく書いてしまうと

頭が夢の内容を鮮明に文字に起こそうと

夢の内容がはっきり頭に残ってしまったり

夢と現実の区別がつかなくなってしまいます。

 

夢の中で「これは夢だ」

なんとなくわかることがありますよね。

それがなくなり夢の内容がリアルになり

殺された夢を見た時は

実際に自分が殺された感覚に陥ることもあるので

注意が必要です。

 

 

まとめ

 

以上が睡眠を趣味にする方法でした。

 

寝るのが好きで趣味に時間をかけるより

睡眠に時間をかけたいって人も多いのでは無いでしょうか?

 

夢日記 があれば趣味が睡眠だと声を大にして言えますね。