【簡単】間違った概念を捨てるだけで誰でも英語が喋れるようになる!【英会話】

にちじょう

【簡単】間違った概念を捨てるだけで誰でも英語が喋れるようになる!【英会話】


 

 

 

こんにちは、ライターのあゆごろうです・ω・

 

 

「英語喋れるようになりたいなぁ…」

 

と思った事はありませんか?

 

なかったとしても

英語は世界共通語。

喋れて損はありませんよね

 

今日は誰でも簡単に英語を喋れる方法を

紹介したいと思います。

 

 

日本の英語教育方法は間違っている?

日本人はそもそも英単語力がある

 

今目の前にあるものを英語に、

日々の動作を英語に

と言われたらほとんどの人は

ある程度の物を英語に出来ると思います

 

が、何故英語を話すことが出来ないんでしょうか

 

 

カタカナで英語を教えるのがそもそも間違っている

 

ほとんどの人は英語を習う時

カタカナで教わると思いますが

例えば有名なAKBのヘビーローテションという曲の

「i want you 」という言葉

習う時は「アイ ワント ユー」と習いますが

曲を聴いたらわかると思いますが

「アイ ウォンチュー」と言っていますよね

 

このようにそもそも英語を

カタカナで教えるのが間違っている

 

確かに試験などでは

このような覚え方を教わると思いますが

「英会話」がしたいのなら

このような概念は捨ててください

 

 

大事なのは母音

 

日本の母音は“あいうえお”の5語しかありませんが

英語の母音は15語

※考え方により多少の誤差があります

 

例えば「え」と「あ」の間に「えぁ」という母音があります

 

「hand」という単語、「ハンド」と習いますね

けど「プチョヘンザ」は「ヘンd」と言ってます

これは正しい発音が「ヘァンド」であるからですね

 

 

このようにカタガナ言葉ではなく正しい母音を理解すれば

スラスラと英語を喋れるようになります

 

 

まとめ

 

以上が日本人の間違った英語教育と

正しい英会話練習法でした

 

これらを理解すればたちまち

英語力がアップすると思います